ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ

当ホームページ(https://lear-law.com)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saimu.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

最新の解決事例詳細

自己破産-債務整理事件/東京都在住case185

ご依頼者様の基本情報

株式会社U/旅行業/東京都所在
U様/30代/男性/東京都在住/アルバイト

受任前の状況

事情

U社は、海外から日本国内への旅行客の手配・取次業をしていましたが、売掛金が回収できないなどして資金繰りが悪化していた中、新型コロナウイルスの発生により、インバンド需要がなくなり、廃業を余儀なくされてしまいました。

収入・資産の状況

U社:廃業 売掛金250万円(回収不能)
U様:月収10万円 資産ほぼなし

負債の状況

<U社の負債の状況>

借入先 借入残高 毎月の返済額
A銀行 250,000円
B社 6,050,000円
C銀行 2,000円
D社 2,350,000円
合計 8,652,000円

<U様の負債の状況>

借入先 借入残高 毎月の返済額
A銀行(保証債務) 250,000円
Bカード 430,000円
C社 1,570,000円
D社 1,000,000円
E社 7,200,000円
合計 10,450,000円

コメント

U社・U様とも既に支払不能状態に陥っていたことから、破産の方針としました。 U社には、帳簿上約250万円の売掛金が残存していましたが、相手方が海外の会社で連絡を取ることもままならなかったため、回収の見込みは立ちませんでした。 申立後、特段問題となる点はなく、無事破産手続は終了し、U様は免責許可を受けることができました。

トップへ戻る