最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/千葉県在住case165

ご依頼者様の基本情報

F様/50代/男性/千葉県在住/公務員

受任前の状況

事情

F様は、住宅購入後、両親の介護費用の負担等、家族に関する支出の増加から借入れを繰り返すようになり、次第に返済が困難になってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収50万円(ほか賞与年額220万円)
資産:現金400万円、預貯金17万円、退職金見込額2180万円、積立金40万円、保険解約返戻金43万円、自宅(土地・建物、オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社5,710,000円80,000円
B社1,700,000円33,000円
Cカード370,000円20,000円
Dカード2,270,000円30,000円
E社3,520,000円55,000円
F銀行1,000,000円30,000円
Gファイナンス1,480,000円75,000円
H銀行2,270,000円30,000円
I銀行5,030,000円50,000円
J社880,000円18,000円
K社4,830,000円70,000円
合計29,060,000円491,000円
L銀行(住宅ローン)22,180,000円100,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額 ボーナス月の返済額
A社1,330,000円17,000円50,000円
B社400,000円5,000円 15,000円
Cカード90,000円1,000円3,000円
Dカード530,000円7,000円20,000円
E社820,000円10,000円 33,000円
F銀行240,000円3,000円6,000円
Gファイナンス340,000円4,000円13,000円
H銀行530,000円7,000円20,000円
I銀行1,170,000円15,000円44,000円
J社200,000円3,000円 8,000円
K社1,130,000円14,000円42,000円
合計6,780,000円86,000円254,000円
L銀行(住宅ローン)22,180,000円100,000円

コメント

自宅を残したいという強いご意向がありましたので、小規模個人再生の方針としました。
受任後、消費者金融から400万円を超える過払い金が発生していたことが判明し、これを回収したため、多額の現金を保有することとなり、清算価値の合計が600万円を超えることになりました。
しかし、清算価値基準の返済となっても、手続前よりも大幅に借金が減免されること、現金で返済原資が確保されていることから、方針を変更することはありませんでした。
清算価値基準であることから、申立後、個人再生委員が選任されましたが、大きな問題点はなく、過半数の債権者からの反対も出されなかったため、無事再生計画は認可されました。

依頼者の声

トップへ戻る