最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/千葉県在住case166

ご依頼者様の基本情報

G様/40代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

G様は、地方から都内に出張するにあたって、交通費等の決済のため、クレジットカードの利用を開始しました。その後、引っ越し費用、飲食費、趣味・娯楽費(ゲーム等)を捻出するため、複数の業者からも借入れをするようになりました。その後、うつ病に罹患し、会社を休職することになったため、返済が困難になってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収26万円(ほか賞与年額50万円) 資産:現金90万円、退職金見込額150万円、保険解約返戻金11万円、過払い金18万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
Aカード1,070,000円16,000円
B社310,000円9,000円
Cカード820,000円20,000円
D社200,000円8,000円
E社440,000円15,000円
F社710,000円18,000円
G社60,000円8,000円
Hカード720,000円35,000円
Iカード540,000円16,000円
Jカード780,000円24,000円
K社100,000円6,000円
L社880,000円80,000円
合計6,630,000円255,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
Aカード220,000円6,000円
B社60,000円2,000円
Cカード160,000円5,000円
D社40,000円初回一括
E社90,000円2,000円
F社140,000円4,000円
G社10,000円初回一括
Hカード140,000円4,000円
Iカード110,000円3,000円
Jカード160,000円4,000円
K社20,000円初回一括
L社180,000円5,000円
合計1,330,000円35,000円

コメント

G様は体調が回復し、その後通常の勤務継続が見込まれたこと、自己破産では免責不許可事由の存在が疑われたことなどから、小規模個人再生の方針としました。
受任後、債権調査をすると、100万円を超える過払い金が発生していることが判明し、これを回収して弁護士費用などに充当したため、早期に申立てをすることができました。
申立後も特段問題となる点はなく、債権者から過半数の反対もなかったことから、無事再生計画は認可されました。

依頼者の声

トップへ戻る