最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/神奈川在住case174

ご依頼者様の基本情報

O様/50代/女性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

O様は、クレジットカードを利用して頻繁に買い物をすることで、仕事によるストレスを解消する生活を長年続けていました。また、孫の学費の借入れも行い、債務が増大していきました。その後、夫がケガを負い、長期間勤務できない状況となり、返済が滞るようになったため、当事務所にご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収42万円(ほか賞与年額77万円)
資産:預貯金73万円 過払金150万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 100,000円 11,000円
B社 1,140,000円 75,000円
C銀行 350,000円 9,000円
Dファイナンス 1,930,000円 36,000円
Eカード 100,000円 50,000円
F銀行 650,000円 12,000円
G銀行 1,460,000円 25,000円
H銀行 3,510,000円 70,000円
I銀行 2,390,000円 35,000円
J銀行 510,000円 30,000円
K社 180,000円 60,000円
L社 220,000円 10,000円
合計 12,540,000円 423,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 20,000円 初回一括
B社 230,000円 6,000円
C銀行 70,000円 2,000円
Dファイナンス 390,000円 11,000円
Eカード 20,000円 初回一括
F銀行 130,000円 4,000円
G銀行 290,000円 8,000円
H銀行 700,000円 20,000円
I銀行 480,000円 13,000円
J銀行 100,000円 3,000円
K社 35,000円 初回一括
L社 40,000円 1,000円
合計 2,505,000円 68,000円

コメント

O様は、債権者へ少しでも返済することを希望され、返済に充てる余剰金も捻出できる家計状況でしたので、本件では個人再生手続を選択しました。
また、調査の結果、約150万円の過払金が生じていることが判明したため、回収を行いました。
申立ての際は、これまでに支出した金額について、証拠資料とともに説明を行い、銀行やカード会社からの借入金の使途を明確にしました。
その後は、滞りなく手続きが進み、申立てから5ヶ月後に無事認可決定を得ることができました。

トップへ戻る