最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/神奈川県在住case176

ご依頼者様の基本情報

Q様/20代/女性/神奈川県在住/パート

受任前の状況

事情

Q様は、自宅を購入するにあたって、夫が審査に通らなかったため、自ら単独で住宅ローンを借り入れました。また、新居での家具家電の購入費用、子らの教育費を捻出するため、複数の業者から借入れを継続せざるを得ませんでした。その後、仕事・育児が重なり、心身疲労し体調を崩したため、転職をするなどしたため、次第に返済が困難になりました。そして、住宅ローンも滞納してしまい、自宅の競売申立てまでされました。

収入・資産の状況

収入:月収16万円
資産:預貯金30万円、保険解約返戻金10万円、不動産(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 320,000円 10,000円
B社 70,000円 5,000円
C銀行 300,000円 10,000円
D銀行 220,000円 10,000円
E社 530,000円 10,000円
Fカード 1,520,000円 50,000円
Gカード 140,000円 100,000円
H社 250,000円 40,000円
I銀行 400,000円 10,000円
Jカード 900,000円 30,000円
K銀行 2,520,000円 26,000円
Lファイナンス 50,000円 2,000円
M銀行 600,000円 9,000円
N銀行 310,000円 6,000円
合計 8,130,000円 318,000円
O銀行(住宅ローン) 32,420,000円 92,000円
P銀行(住宅ローン) 3,430,000円 13,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 65,000円 1,000円
B社 14,000円 200円
C銀行 60,000円 1,000円
D銀行 42,000円 700円
E社 110,000円 2,000円
Fカード 300,000円 5,000円
Gカード 30,000円 初回一括
H社 50,000円 800円
I銀行 80,000円 1,000円
Jカード 180,000円 3,000円
K銀行 500,000円 9,000円
Lファイナンス 10,000円 初回一括
M銀行 120,000円 2,000円
N銀行 60,000円 1,000円
合計 1,621,000円 26,700円
O銀行(住宅ローン) 32,420,000円 100,000円
P銀行(住宅ローン) 3,430,000円 13,000円

コメント

既に自宅の競売申立てを受けており、相談をした複数の法律事務所からは破産を勧められていましたが、どうしても自宅を残したいという強い希望があり、小規模個人再生の方針で受任することとしました。
競売手続が進行していましたので、早急に申立てをするとともに、競売中止の申立ても行い、迅速に計画認可に向けた活動をしました。また、併せて、住宅ローン債権者とも、住宅資金特別条項におけるリスケの内容を協議しました。
結果、住宅ローン債権者の同意を得ることができ、無事再生計画は認可されました。自宅を残したいという希望が実現する機会を得ることができ、Q様は大変喜ばれていました。

依頼者の声

トップへ戻る