最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/神奈川県在住case39

ご依頼者様の基本情報

S様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

S様は、お子様の大学入学時に多額の教育ローンを組み、その返済を優先していたため、徐々に生活費が不足し、複数の業者から借入れをしていました。住宅ローンの返済もあったため、これ以上の返済は困難と判断し、ご相談にこられました。

収入・資産の状況

月収:32万円
財形貯蓄:50万円 保険解約返戻金:29万円 退職金(見込額):783万円
不動産:1970万円(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 540,000円 16,000円
B社 530,000円 16,000円
C社 3,300,000円 40,000円
D社 350,000円 7,000円
E社 1,700,000円 20,000円
F社 4,600,000円 105,000円
G社 1,200,000円 40,000円
合計(住宅ローン除く) 12,220,000円 244,000円
H社(住宅ローン) 27,000,000円 130,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 110,000円 1,800円
B社 110,000円 1,800円
C社 700,000円 11,000円
D社 70,000円 1,200円
E社 360,000円 6,000円
F社 930,000円 15,000円
G社 260,000円 4,300円
合計(住宅ローン除く) 2,540,000円 41,100円
H社(住宅ローン) 27,000,000円 130,000円

コメント

自宅不動産を維持するため、破産手続ではなく、個人再生(小規模個人再生)手続を選択しました。780万円以上の退職金(見込額)がありましたが、確定拠出年金法に基づき支給される退職金であり、差押禁止財産に該当するため、清算価値に計上せずにすみました。
申立時点では、S様は債権者への返済原資を確保できていませんでした。しかし、申立後の履行可能性テスト(3ヶ月)で毎月の返済原資を積み立てることができ、ご本人からの聞き取り調査を基に、支払見込に関する上申書も提出したため、裁判所に支払い見込ありと判断され、認可決定を得ることができました。

依頼者の声

トップへ戻る