最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/埼玉県在住/case129

ご依頼者様の基本情報

L様/30代/女性/埼玉県在住/会社員

受任前の状況

事情

L様は、結婚式の費用を捻出するため、借入れを始めました。その後、夫の仕事が上手くいかなかったことから、夫の経費や生活費を補填するため、さらに借入れを繰り返すようになり、返済が困難になりました。

収入・資産の状況

収入:月収20万円
資産:株式20万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 15,000円 15,000円
B社 2,600,000円 30,000円
C社 1,200,000円 20,000円
D社 1,200,000円 15,000円
E社 1,350,000円 25,000円
F社 110,000円 10,000円
合計 6,455,000円 115,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 5,000円 初回一括
B社 900,000円 18,500円
C社 408,000円 8,500円
D社 408,000円 8,500円
E社 465,000円 9,500円
F社 38,000円 初回一括
合計 2,224,000円 45,000円

コメント

少しでも返済をしていきたいという強い希望がありましたので、自己破産ではなく、個人再生の方針としました。また、債権者の反対のリスクを考慮し、給与所得者等再生を選択することとしました。
申立後、夫と家計が別であったことから、履行可能性の有無等の確認のため、個人再生委員が選任されましたが、特段問題となる点はなく、再生計画は無事認可されました。

依頼者の声

トップへ戻る