最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/東京都在住case130

ご依頼者様の基本情報

M様/40代/女性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

M様は、数年前から、子の高校の学費や塾・予備校代の借入れを頻繁に行うようになりました。そして、その返済に追われ、生活費のために更なる借入れを続けた結果、毎月の給与を上回る返済額となったため、これ以上の返済は困難であると判断され、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収22万円
資産:解約返戻金70万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 580,000円 15,000円
B社 230,000円 9,000円
C社 470,000円 10,000円
D社 560,000円 10,000円
E社 770,000円 20,000円
F社 470,000円 40,000円
G社 560,000円 12,000円
H社 570,000円 100,000円
I社 340,000円 10,000円
J社 300,000円 20,000円
合計 4,850,000円 246,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 3ヶ月の返済額
A社 120,000円 10,000円
B社 45,000円 4,000円
C社 95,000円 8,000円
D社 110,000円 9,000円
E社 170,000円 14,000円
F社 95,000円 8,000円
G社 110,000円 9,000円
H社 115,000円 9,000円
I社 70,000円 6,000円
J社 70,000円 6,000円
合計 1,000,000円 83,000円

コメント

M様の世帯は共働きでそれぞれ20万円以上の月収があったため、弁護士介入後の収支状況は比較的余裕がありました。そして、ご本人が破産を避けて少しでも返済していくことを希望されたため、個人再生(小規模個人再生)手続を選択いたしました。
申立後に選任された再生委員の調査指示に対しても詳細に報告をしたため、手続開始決定後は円滑に手続が進み、申立てから半年後に無事認可決定を得ることができました。

依頼者の声

トップへ戻る