最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/広島県在住case131

ご依頼者様の基本情報

O様/40代/男性/広島県在住/会社員

受任前の状況

事情

O様は、単身赴任で一人暮らしをするようになってから、仕事上の付き合いで飲み会や競馬等のギャンブルの支出がかさむようになり、借入れを繰り返すようになりました。
そして、おまとめローンで全額返済をした業者から再び借入れをするなどしたため、債務が膨れ上がり、返済困難となったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収33万円
資産:解約返戻金127万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,100,000円 48,000円
B社 100,000円 3,000円
C社 680,000円 18,000円
D社 210,000円 16,000円
E社 3,160,000円 40,000円
合計 6,250,000円 125,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 3ヶ月の返済額
A社 720,000円 4,000円
B社 35,000円 初回一括
C社 230,000円 10,000円
D社 70,000円 4,000円
E社 1,080,000円 50,000円
合計 2,135,000円 104,000円

コメント

O様は、破産は避けたいというお考えでしたので、個人再生手続を方針としました。ただ、再生計画案に反対をする可能性のある債権者が複数いましたので、小規模個人再生ではなく給与所得者再生を選択しました。
また、O様は手続中に東京から広島へ転居されたので、広島での生活水準を元にした再生計画案を作成し、裁判所に提出いたしました。そして、無事認可決定を得ることができました。
申立前に、東京と広島での再生計画案をそれぞれ作成し、返済総額の見通しを立てていたことが役立ちました。

依頼者の声

トップへ戻る