最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/神奈川県在住case138

ご依頼者様の基本情報

B様/40代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

B様は、6年程前からリボ払いを利用して物品購入や外食費の支払いをするようになり、少しずつ債務が増大していきました。また、1年間程FX取引を行ったことで100万円の損失を出し、その補填をするためにカードローンで借入れをするようになりました。
そして、おまとめローンを利用して完済した業者から再び借入れをするなどして、自転車操業状態となったため、当事務所へご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収23万円
資産:預貯金8万円 財形貯蓄33万円 退職金85万円 保険解約返戻金104万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 280,000円 15,000円
B社 1,030,000円 21,000円
C社 210,000円 11,000円
D社 110,000円 5,000円
E社 2,690,000円 64,000円
F社 760,000円 29,000円
G社 50,000円 1,000円
合計 5,130,000円 146,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 85,000円 2,000円
B社 320,000円 5,000円
C社 65,000円 1,000円
D社 30,000円 初回一括
E社 840,000円 15,000円
F社 240,000円 4,000円
G社 15,000円 初回一括
合計 1,595,000円 27,000円

コメント

B様は、破産は避けたいとのご希望でしたので、個人再生手続を選択しました。そして、保険解約返戻金が多額だったため、清算価値基準での申立てとなりました。また、清算価値の額が多くなった場合、債権者への返済原資が捻出できないおそれがあったため、迅速に申立てを行いました。
申立後は、裁判所からの指示事項を追完して円滑に手続は進み、申立てから4ヶ月後に無事認可決定を得ることができました。
B様は、家族や知人に知られることなく手続を終えることができ、とても安心されていました。

トップへ戻る