最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/千葉県在住case139

ご依頼者様の基本情報

C様/50代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

C様は、以前所有していた住宅の住宅ローンが支払えなくなり、自己破産をしたことがありました。数年後、転勤により収入が減少していたところに、子らの大学進学等のための教育費の捻出をする必要が生じ、借入れに依存するようになりました。

収入・資産の状況

収入:月収44万円
資産:保険解約返戻金7万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 310,000円 5,000円
B社 520,000円 10,000円
C社 900,000円 5,000円
D社 910,000円 21,000円
E社 140,000円 10,000円
F社 480,000円 10,000円
G社 550,000円 10,000円
H社 4,640,000円 51,000円
合計 8,450,000円 122,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 60,000円 1,000円
B社 100,000円 2,000円
C社 180,000円 3,000円
D社 180,000円 3,000円
E社 30,000円 初回一括
F社 100,000円 2,000円
G社 110,000円 2,000円
H社 930,000円 15,000円
合計 1,690,000円 28,000円

コメント

過去に自己破産をしていたこと、少しでも返済をしていきたいという希望があったことから、自己破産ではなく、個人再生の方針としました。
受任後は、家計の見直しを図り、収入の範囲内で家計が回るように、生活の見直しを図りました。 申立て後、特段問題なく手続は進み、債権者からの過半数の反対もなかったため、無事、再生計画は認可されました。結果、家計の再建を図ることができました。

トップへ戻る