最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/千葉県在住case140

ご依頼者様の基本情報

E様/40代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

E様は、戸建住宅を購入し、住宅ローンを組みました。しかし、その後、勤務先で残業代の支給がなくなり減収したことから、生活費を補填するために借入れを始めました。また、子の大学進学に伴う教育費や、一人暮らしによる仕送りも負担することになり、これらを賄うため、さらに借入れが増えてしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収31万円(ほか賞与年額110万円)
資産:預貯金12万円,退職金見込額94万円,保険解約返戻金45万円,戸建住宅25万円(査定額から住宅ローン残高を控除した金額)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 100,000円 4,000円
B社 150,000円 5,000円
C社 1,390,000円 50,000円
D社 310,000円 7,000円
E社 100,000円 10,000円
F社 70,000円 10,000円
G社 390,000円 20,000円
H社 1,840,000円 30,000円
I社 1,050,000円 30,000円
J社 3,640,000円 6,000円
K社 2,200,000円 30,000円
L社 50,000円 5,000円
M社 940,000円 13,000円
N社 1,130,000円 15,000円
合計(住宅ローン除く) 13,360,000円 235,000円
O社(住宅ローン) 21,500,000円 90,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 20,000円 初回一括
B社 30,000円 初回一括
C社 280,000円 5,000円
D社 60,000円 1,000円
E社 15,000円 初回一括
F社 15,000円 初回一括
G社 80,000円 1,000円
H社 370,000円 6,000円
I社 210,000円 4,000円
J社 730,000円 12,000円
K社 440,000円 7,000円
L社 10,000円 初回一括
M社 190,000円 3,000円
N社 220,000円 4,000円
合計(住宅ローン除く) 2,670,000円 43,000円
O社(住宅ローン) 21,500,000円 90,000円

コメント

自宅を残したいという希望がありましたので、個人再生(小規模個人再生)の方針としました。
携帯電話の端末代金を割賦で支払っていたところ、開始決定後は弁済が禁止されるので、申立てまでに支払いを完了するよう調整しました(ただし、受任後に支払った金額は偏頗弁済として清算価値に計上する必要がありました)。とはいえ、清算価値が債務基準額を下回っていたので、この点は、再生計画の弁済総額に影響はありませんでした。
申立て後は、特段問題なく手続は進み、債権者からの過半数の反対も出なかったことから、無事再生計画は認可され、家計の再建を図ることができました。

依頼者の声

トップへ戻る