最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/東京都在住case141

ご依頼者様の基本情報

D様/30代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

D様は、10年以上前に自営業をされていましたが、売上が上がらなかったため、生活費の不足分を借入れで補填していました。その後、自営業を廃業して転職しましたが、仕事上の交際費やパチンコ等の遊興費が増えたため、借入額は増え、次第に自転車操業状態になっていきました。 そのため、D様は別の法律事務所に任意整理手続きを依頼されましたが、給与が減額して毎月の返済が困難となったため、当事務所へご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:22万円
資産:預貯金18万円 保険解約返戻金175万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 135,000円 23,000円
B社 2,130,000円 36,000円
C社 920,000円 17,000円
D社 970,000円 17,000円
E社 2,540,000円 31,000円
合計 7,910,000円 124,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 300,000円 8,000円
B社 480,000円 14,000円
C社 210,000円 6,000円
D社 220,000円 6,000円
E社 580,000円 16,000円
合計 1,790,000円 50,000円

コメント

D様は、破産手続は避けたいと希望されたため、個人再生手続(小規模個人再生)を選択しました。また、最低弁済額を上回る高額の解約返戻金がありましたが、契約者貸付を受けられず、解約も希望されなかったため、清算価値基準での再生計画となりました。 申立後は、滞りなく手続きが進み、申立てから5ヶ月後に無事認可決定を得ることができました。

トップへ戻る