最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/千葉県在住case148

ご依頼者様の基本情報

P様/40代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

P様は、自宅マンションを購入後、独立して飲食店を開業しましたが、予想していたほど売上が上がらず、運転資金を賄うため、借入れを始めました。しかし、その後も、店舗経営は上手くいかず、返済のために借入れが増加する一方で、住宅ローンも滞納するようになってしまいました。自営の店舗は廃業し、途方に暮れる中で相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収25万円(ほか賞与年額万円)
資産:現金20万円、住宅(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 300,000円 10,000円
B銀行 1,990,000円 30,000円
C銀行 2,020,000円 35,000円
Dファイナンス 870,000円 20,000円
E社 3,770,000円 55,000円
F銀行 1,170,000円 10,000円
G社 1,720,000円 32,000円
合計 11,840,000円 192,000円
H銀行(住宅ローン) 21,320,000円 90,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

A社 60,000円 初回一括
B銀行 400,000円 7,000円
C銀行 400,000円 7,000円
Dファイナンス 180,000円 3,000円
E社 760,000円 12,000円
F銀行 230,000円 4,000円
G社 340,000円 6,000円
合計 2,370,000円 39,000円
H銀行(住宅ローン) 21,320,000円 100,000円

コメント

自宅を残したいという強い希望がありましたので、小規模個人再生の方針としました。また、受任時に既に住宅ローンの滞納がありましたので、住宅ローンのリスケも含めて受任しました。 受任後まず、住宅ローンの銀行と協議をしましたが、再生手続によるリスケではないと対応できないとのことでしたので、具体的なリスケの協議は申立直前から行いました。結果、滞納分は再生計画の返済期間中で分割して支払うこと、従前あったボーナス払いについては撤廃することで了解を得ることができました。 申立後、特段問題となる点はなく手続は進み、債権者から過半数の反対もなかったことから、無事再生計画は認可されました。

依頼者の声

トップへ戻る