最新の解決事例詳細

個人再生-債務整理事件/栃木県在住case149

ご依頼者様の基本情報

J様/40代/男性/栃木県在住/会社員

受任前の状況

事情

J様は、10年程前から複数のクレジットカードを作成し、外食費や物品を購入していました。多額の収入があったため、返済が滞ることはありませんでした。その後、震災以降に会社の給与体系が大幅に変更され、年収ベースで100万円以上の減収になりましたが、生活水準を変えることができず、不足する生活費をカードで補填するという状況が続きました。その結果、生活が回らなくなったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収34万円 賞与年額150万円
資産:退職金1150万円(8分の1を清算価値に計上) 保険解約返戻金108万円 戸建住宅(オーバーローンのため、資産価値は0円) 自動車(資産価値0円)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
Aカード 740,000円 30,000円
B社 230,000円 13,000円
Cカード 1,300,000円 50,000円
D社 1,010,000円 40,000円
Eカード 1,100,000円 35,000円
F銀行 2,900,000円 40,000円
Gファイナンス 1,020,000円 50,000円
H銀行 3,710,000円 54,000円
I銀行 670,000円 8,000円
J社 1,200,000円 50,000円
K銀行 3,310,000円 40,000円
合計 17,190,000円 410,000円
L銀行 24,110,000円 70,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

Aカード 130,000円 2,000円
B社 40,000円 初回一括
Cカード 230,000円 4,000円
D社 180,000円 3,000円
Eカード 190,000円 3,000円
F銀行 500,000円 8,000円
Gファイナンス 180,000円 3,000円
H銀行 650,000円 11,000円
I銀行 110,000円 2,000円
J社 210,000円 3,000円
K銀行 580,000円 10,000円
合計 3,000,000円 49,000円
L銀行 24,110,000円 70,000円

コメント

J様はご自宅を所有されていたため、個人再生手続きを選択しました。債務額が1500万円以上あったため、支払総額は300万円となりました。 弁護士介入後は、債務の返済に追われることがなくなったため、すぐに家計状況を正常に戻し、余裕を持って債権者に対する返済原資を準備することが可能となりました。 申立後は、遅れることなく毎月の履行可能テストを積立て、申立てから3ヶ月後に、迅速に認可決定を得ることができました。

依頼者の声

トップへ戻る